2-2:使い手にとっての理想的な状態=あるべき未来を考える

今起きている問題や誰かの困りごとに対して「ここをこうすれば良くなる」と言うように、モノによる問題解決を考える前に「そもそもこのヒトはどうできるのが理想だろう」「むしろ(もっと)どうできたらいいだろう」「どうなるのがハッピ … 続きを読む 2-2:使い手にとっての理想的な状態=あるべき未来を考える