5-4:キラーバリューをつくる

キラーバリューとは、お客さんが開発品の購入を決める決定的な理由のことです。造語です。言いかえれば「お客さんがそのモノに対して、恋に落ちる決め手」とでも言えるでしょうか。価値とかベネフィットとかいろいろな言い方もあるようですが、難しい呼び方や定義はさておき、今あなたが作ろうとしているモノがお客さんと出会った時、お客さんが「こんなの出たんだ!」とか「こんなのが欲しかったんだよ!」と一目で恋に落ちる理由は何でしょうか。そこを徹底的に突き詰めましょう。

例えば…

ユーザーにとって大事なコトと、そのためのモノの条件・目標・スペックなどを突き止める。

ユーザーはどうできたら、何がどうなっていたら「スゴい!」と言ってくれるかを考える。

ユーザーが開発品を選ぶ最大の理由=キラーバリューを明文化する。

関連メソッド

5-1:開発のそもそもの目的や動機、与件を明確化する

5-2:自分たちならではのこだわり・信念を見つける

5-3:開発チームのスローガンをつくる